受験生の方へ

◆◆ 人文科学研究所 紹介 ◆◆

目 的
人文科学研究所は、関東学院大学文学部・国際文化学部・社会学部教員で構成され、広く人文科学及び社会科学にわたって、学術の理論及び応用に関する総合的研究を行い、文化の創造と発展に寄与することを目的としています。
事業内容
 (1) 総合及び個別的な理論研究とその応用的研究  (2) 総合及び個別的な研究会の開催
 (3) 研究成果の刊行  (4) 研究のため必要な文献資料の収集  (5) 講座の設置
 (6) 内外研究者との交流  (7) 研究助成  (8) その他、目的を達成するために必要な事業

刊行物
 ○関東学院大学人文科学研究所報
 
  (人文科学研究所発行・年1冊)
 ○関東学院大学人文学会紀要
   (人文学会発行・年2冊)
 ○研究図書 2009〜 (→リストはこちら
 ○叢書 〜2008 (→リストはこちら
 ○選書 〜2005 (→リストはこちら
 ○OLIVA(人文学会英語英米文学部会発行)
 ○社会論集(人文学会社会学部会発行)
 ○ポエトリ関東(関東ポエトリー・センター発行)
 ○KGU比較文化論集(人文学会比較文化学部会発行)

講演会・研究会
 ○講演会
  ・石井光太氏講演会供 峺瓢」−戦後の孤児から家庭内の孤児へ
   2016年11月4日(金)15:00〜16:30 会場:K−211教室(金沢文庫キャンパス)

   
講師:石井光太氏 (ノンフィクション作家)
   主催:人文科学研究所

※過去の講演会等
 ○講演会
  ・石井光太氏講演会 「絶対貧困〜世界の貧困現場を歩く〜」
   2015年10月19日(月)14:40〜16:10 会場:K−310教室(金沢文庫キャンパス)

   
講師:石井光太氏 (ノンフィクション作家)
   主催:人文科学研究所


  ・楊 逸氏特別講演会 テーマ:「実用哲学としての東洋思想」
   2009年5月27日13:00〜14:30  会場:K−211教室(金沢文庫キャンパス)

   講師:楊 逸 氏 (芥川賞受賞作家 本学文学部客員教授)
   主催:比較文化学科・人文科学研究所

 ○公開授業
  ・テーマ:「ルワンダ大虐殺から14年−修復的正義の実現を目指して−」
   2008年7月1日10:40〜12:10  会場:K−230教室(金沢文庫キャンパス)

   
講師:佐々木和之氏 (日本バプテスト連盟 国際ミッションボランティア現地NGO REACH職員)
   主催:関東学院大学キリスト教と文化研究所 協賛:人文科学研究所

 ○パネルディスカッション
  ・テーマ:書籍出版の未来
   2011年2月28日16:30〜18:30  会場:K−211教室(金沢文庫キャンパス)

   
講師:工藤 憲雄 氏(日本経済新聞社)
        小林 浩 氏(月曜社)
   コメンテーター:新井 克弥(本学文学部教授)
   司会:吉瀬 雄一(本学文学部教授)
   主催:人文科学研究所

 ○合評会
  ・テーマ:『文学のミニマル・イメージ モーリス・ブランショ論』を読む
   2011年10月1日15:00〜18:00  会場:KGU関内メディアセンター

   
自著について:郷原 佳以(本学文学部准教授)
   代表批評者:湯浅 博雄 氏(東京大学大学院教授)
   司会者:佐藤 茂樹(本学人文科学研究所所長)
   主催:人文科学研究所
   共催:関東学院大学キリスト教と文化研究所

 【関東学院創立125周年記念事業】
 ○日中文化フォーラム テーマ:「日中の文学・思想における異文化理解」
   2008年3月15日開催  会場:KGU関内メディアセンター
 ○日韓・韓日国際シンポジウム テーマ:「カルチャーとサブカルチャー 日韓・韓日の現代化を前提に」
   2006年11月4日開催  会場:KGU関内メディアセンター 

講 座
 葉山町民大学
   葉山町と関東学院大学との提携講座  毎年2月〜3月 全5回開催 葉山町内在住在勤者対象
   ◇2015年度 テーマ:「互恵と国際交流」(パート3)
   会場:葉山町教育委員会研修室   主催:葉山町教育委員会
    協力:関東学院大学、関東学院大学社会連携センター、関東学院大学人文科学研究所

   過年度テーマ
       ・2014年度 テーマ:「互恵と国際交流」(パート2)
       ・2013年度 テーマ:「互恵と国際交流」
       ・2012年度 テーマ:「日本の歴史と文化を学ぶ」(パート2)  
       ・2011年度 テーマ:「日本の歴史と文化を学ぶ」
       ・2010年度 テーマ:「日本の歴史と地域文化」
         ・2009年度 テーマ:「日本の歴史と地域文化」
       ・2008年度 テーマ:「江戸の教育と対外を学ぶ」
       ・2007年度 テーマ:「日本の戦後処理・歴史認識を考える『平和への希求』」 
     ・2006年度 テーマ:「日本の歴史と文化を学ぶ−東アジアとの関連で−」  
      (問合せ先:葉山町教育委員会生涯学習課 TEL046-876-1111 内線7232 葉山町ホームページ

 ○ポエトリー・リーディング
     関東ポエトリ・センターは1968年、 William I. Elliott本学名誉教授(当時文学部教授)の提唱により
    米国バプテスト同盟の財政的援助を得て文学部を母体に発足しました。毎年夏に開催したセミナー
    では、大岡信、永瀬清子、吉増剛造、ねじめ正一、ノーベル文学賞を受賞したアイルランドの詩人
    Seamus Heaneyなど、日本の第一線で活躍している詩人たち、および海外の詩人による自作詩の
    朗読や講演などを実施しました。詩誌 POETRY KANTO(『ポエトリ関東』)は、日本語と英語の
    バイリンガルで編集され毎年発行していました。
    
     過去の活動
    ・第6回(2009) ポエトリ・リーディング −アーサー・ビナードと木坂涼 詩の朗読会とトーク−
    ・第5回(2008) ポエトリ・リーディング −谷川俊太郎 覚和歌子 詩の朗読会−
    ・第4回(2008) ポエトリ・リーディング −工藤直子 詩の朗読会−
    ・第3回(2007) ポエトリ・リーディング −詩の朗読会− 谷川俊太郎と小池昌代の「6P’s」
    ・第2回(2007) ポエトリ・リーディング −詩の朗読会− アーサー・ビナード
    ・第1回(2006) ポエトリ・リーディング −詩の朗読会−「小池昌代、詩の朗読」


プリンタ出力用画面 友達に伝える
HOT LINKS