文学部三つのポリシー

文学部の三つの基本ポリシー(教育の基本方針)

1.アドミッションポリシー(入学者受け入れの基本方針)

文学部は、激変する社会にあってキリスト教の精神に支えられた、たくましさとしなやかさをもち、品格を備え、自主独立して社会参加と国境を越えた多様な人々と共生できる人材の育成を教育目標としています。
入学者受け入れの基本方針は基礎学力(特に英語と国語)をもち、志と学修意欲をもつ志願者を受け入れます。

2.カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の基本方針)

人間と社会を多側面から学び、自己理解、他者理解を深め、自己実現を果たすための知識とスキルを育てる広い教養を培い、社会参加を通して多文化共生を生み出すための理性と専門知識を、授業のみならず個別的かつ具体的な演習、実習、フィールド・スタディーなどの体験学修により提供します。

3.ディプロマポリシー(学位授与の基本方針)

卒業に必要な124単位を取得し、人間、社会、異文化に関する教養と知識を有し、言語コミュニケーション能力に裏打ちされた自己実現の道筋を立て、社会に貢献する能力を有する学生に学士の学位を授与します。





サイト名: 関東学院大学 文学部   http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp
この記事のURL:   http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp/modules/faculty1/index.php?id=14