受験生の方へ

文学部TOPICS

文学部TOPICS HOME
最新情報 : 文学部教員コラム vol.176 2014年度AWPに参加しました  … 英語英米文学科 アラン・ボツフォード 先生
投稿日時: 2014-7-11 8:00:00
 シアトルで開催された、2014年度AWP ( Association of Writers and Writing Programs )にパネリストとして参加しました。AWPは文学の会議として北米最大の規模を誇り、毎年500以上の発表、2000人の発表者が集います。

 ワシントン州立コンベンションセンターとシェラトンホテルにて2月の26日から3月1日まで行われ、 "Home and Not Home : Poetics of / in a Changing Japan" と題したテーマに沿って、日本との関係が深いアメリカ詩人のシド・コーマンや、与謝野晶子などの日本の詩人、そしてアメリカを代表する詩人ウォルト・ホイットマンについての発表が行われました。

For the 2014 AWP website ←― こちらが2014年AWPのウェブサイトです。

For the event schedule

For the 2015 AWP website

Title: Home and Not Home: Poetries of/in a Changing Japan
Area: Poetry Craft and Criticism

How do poets of/in Japan see through dangerous nostalgias and cliché and bear witness to new stories? How can poets help clear a space for learning what it means to be at home and not at home in a story that-- in an accelerating, globalizing world--indeed is forever changing? Four Japan-based writers discuss the contributions of (1) 20th-century Japanese women poets; (2) post-war modern Japanese poets; (3) expatriate poets in Japan; (4) and contemporary Japanese poets writing in English.

印刷用ページ このニュースを友達に送る
HOT LINKS