受験生の方へ

文学部TOPICS

文学部TOPICS HOME
最新情報 : 2月28日〜 『第3回 比較文化学科学芸員課程特別展示会・講演会』開催のお知らせ
投稿日時: 2009-1-21 14:22:31
『第3回 関東学院大学文学部・比較文化学科学芸員課程特別展示会・講演会』のお知らせ

(1)<展示会>
  日時:2009年2月28日(土)〜3月3日(火) 10:30〜16:00
  会場:金沢文庫キャンパス小講堂 展示室
  テーマ:「足尾銅山の今昔 ―江戸・明治から世界遺産申請まで―」
  出展協力:足尾歴史館 他
  展示協力:文学部比較文化学科学芸員課程学生

(2)<講演会>
  日時:2009年2月28日(土) 10:30〜12:00
  会場:金沢文庫キャンパス内 文学部教室棟(K-231教室)
  講師:小野崎 敏 氏 (足尾歴史館副館長)
  演題:「足尾銅山の今昔 ―江戸・明治から世界遺産申請まで―」
     (青年時代を足尾銅山で働いた関東学院の初代学院長・坂田祐先生にも
      触れていただきます。)

〔解説〕足尾銅山は、江戸時代から近・現代(明治・大正・昭和)にかけて永く稼動した世界有数の銅山です。この度、足尾銅山は世界遺産への登録申請を行いましたが、展示では、銅山の直属写真家によって遺された当時の写真(実録)を中心に公開します。写真には銅山の公害を天皇に直訴した田中正造の姿もあります。今、風光明媚な足尾は観光地としても知られつつあり、100万本の木を植えようという植樹記念日には、1000人を超える人々が全国から集まるといわれています。展示会では、このような足尾の今昔をありのままに紹介します。

参考:『小野崎一徳写真帖 足尾銅山』(新樹社)小野崎 敏 (著)

主催:関東学院大学文学部比較文化学科
共催:キリスト教と文化研究所
協賛:学校法人関東学院125周年記念事業大学委員会学術・講演行事専門部会

<会場までのアクセス>
(1)展示会会場(小講堂)
   金沢文庫キャンパス正門より徒歩約15分または
   京浜急行線「金沢八景駅」よりバス
     (バス:鎌24系統「相武隧道」下車徒歩約5分)
(2)講演会会場(教室棟)
    京浜急行線「金沢文庫駅」よりバス
     (バス:文1系統「野村住宅センター」終点下車徒歩約2分または
          文7系統「関東学院文庫キャンパス」終点下車徒歩約2分)


印刷用ページ このニュースを友達に送る
HOT LINKS