受験生の方へ

文学部TOPICS

文学部TOPICS HOME
最新情報 : 満員御礼!ITCL英語劇「ロミオとジュリエット」
投稿日時: 2009-6-9 9:00:00
6月5日(金)18:00より金沢公会堂におきまして、
International Theatre Company London (ITCL)による英語劇
「ロミオとジュリエット」(関東学院第3回公演)が上演されました。



今回の公演は、関東学院創立125周年記念事業の一つとして開催されました。
朝から降り続いた雨の日にもかかわらず、今回も、たくさんの方々にお越しいただく
ことができました。


公演後のアンケートには、賞賛や感動の声がたくさん寄せられました。

「小さい舞台でも、いろいろな背景が見えてきて、すごくおもしろかったです・・・」

「思っていた以上にすごかったです。何より、6人で劇をやっていたことに驚きました・・・」


「インターナショナルカンパニーによる素晴らしい演技を目の前で見ることができ感動しました。
言葉が全部わからなくても、演技力だけでも言葉の壁を越えられるように思えました・・・」

「この公会堂がグローブ座の様に思えました。
素朴な芝居、これが本当のShakespeareかなと思いました。次回を楽しみにしています・・・」

「Excellent!」 「すばらしい!」  ・ ・ ・等など



今秋10月27日には、今回と同じ金沢公会堂において、
同劇団による「クリスマス・キャロル」の上演を予定しています。
次回の公演もどうぞご期待下さい!

今回の英語劇ロミオとジュリエットの模様は、
大学HP内の「Campus Diary VOL.139」でも詳しく紹介していますので、
こちらもぜひご覧下さい。 
 ★★Campus Diary VOL.139(英語劇ロミオとジュリエット後記)★★ 
印刷用ページ このニュースを友達に送る
HOT LINKS