受験生の方へ

文学部TOPICS

カテゴリ選択 >>
Back Number
投稿日時: 2009-1-29 19:58:15
本日金沢文庫キャンパスに、楊逸(ヤン・イー)さん(芥川賞作家)をお招きし、
比較文化学科の郷原佳以(ゴウハラ カイ)先生との対談(インタビュー)が行なわれました。
この対談は、比較文化学科が定期的に発行している『比較文化論集』の特集号の制作のために
行なわれたものです。
昨年(2008年)11月22日には「関東学院創立125周年記念講演会」の講師としても、
楊逸さんをお招きしています。
(→関東学院創立125周年記念講演会の様子はこちら



比較文化学科のゼミ連の学生たちも取材に来ていました。↓
(ゼミ連は、比較文化学科の学生によって構成されているゼミナール連合会のこと。)

対談の内容は、主に、「言葉」や「文化」そして「文学」についてでした。
日本の文化を大切にしてほしいというようなお話もありました。
最後に、関東学院大学の学生へ「本を読んでほしい!」(マンガじゃなく)
とのメッセージをいただきました。
本を読むことは想像力を深められるということを、楊さんはおっしゃっていたように思います。
新しい『比較文化論集』も楽しみ。

今年1月、楊さんは『金魚生活』という小説を新たに出されました。
日本と中国をめぐる感動の恋愛ストーリーだそうです。
今回の対談の中でもこの小説の内容について触れられていました。
(対談では、中国で金魚は「金余(お金が余る)」という言葉と発音が同じことから、
金運に良い魚として大切にされている話などもありました・・・)
是非ご一読を!
『金魚生活』
楊 逸(著)
(文芸春秋 2009年1月発行 1,400円 )


投稿日時: 2009-1-27 15:18:30
本日、金沢文庫キャンパスにおいて、英会話教材制作のための撮影(ロケ)が行なわれました。
毎年、英語英米文学科では、教育も兼ね、学内のネイティブの先生や学生たち、LLスタッフによって、
このような教材づくりが行なわれています。
時には、ショッピングモールや街中でロケが行なわれることも。
撮影の様子もかなり本格的。スキルアップに役立つ作品になること間違いなしといった感じ。
今回の作品(教材)は、まず来年度の英語英米文学科の学生たちにお披露目となる予定。





投稿日時: 2009-1-22 13:19:20
文学部では、毎年、異国の地を訪れ、その地の文化を体験しながら、その地の大学生との交流を通して、相互の理解を深めることを目的とした国際交流事業を行っています。

本年度の訪問先はハワイ。日程は2009年3月16日(月)〜21日(土)の6日間。
文学部各学科から、6名の学生が参加することが決まりました。

ハワイは、観光地としても大変人気がありますが、古くから日本人との関わりもあって、独特な文化や歴史を持った島でもあります。新アメリカ大統領のオバマ氏が生まれ育った場所としても、今話題になっています。

今回のプログラムでは、ハワイ州立大学附属カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(Kapi'olani Community College)を訪問し、ハワイの学生に日本の文化を英語で紹介し、その違いを論じながら相互理解を深めます。また、いろいろなハワイの文化も体験します。イオラニ宮殿やアリゾナ記念館なども見学する予定となっています。

訪問の様子など、後日また紹介していきたいと思います。

投稿日時: 2009-1-21 14:22:31
『第3回 関東学院大学文学部・比較文化学科学芸員課程特別展示会・講演会』のお知らせ

(1)<展示会>
  日時:2009年2月28日(土)〜3月3日(火) 10:30〜16:00
  会場:金沢文庫キャンパス小講堂 展示室
  テーマ:「足尾銅山の今昔 ―江戸・明治から世界遺産申請まで―」
  出展協力:足尾歴史館 他
  展示協力:文学部比較文化学科学芸員課程学生

(2)<講演会>
  日時:2009年2月28日(土) 10:30〜12:00
  会場:金沢文庫キャンパス内 文学部教室棟(K-231教室)
  講師:小野崎 敏 氏 (足尾歴史館副館長)
  演題:「足尾銅山の今昔 ―江戸・明治から世界遺産申請まで―」
     (青年時代を足尾銅山で働いた関東学院の初代学院長・坂田祐先生にも
      触れていただきます。)

〔解説〕足尾銅山は、江戸時代から近・現代(明治・大正・昭和)にかけて永く稼動した世界有数の銅山です。この度、足尾銅山は世界遺産への登録申請を行いましたが、展示では、銅山の直属写真家によって遺された当時の写真(実録)を中心に公開します。写真には銅山の公害を天皇に直訴した田中正造の姿もあります。今、風光明媚な足尾は観光地としても知られつつあり、100万本の木を植えようという植樹記念日には、1000人を超える人々が全国から集まるといわれています。展示会では、このような足尾の今昔をありのままに紹介します。

参考:『小野崎一徳写真帖 足尾銅山』(新樹社)小野崎 敏 (著)

主催:関東学院大学文学部比較文化学科
共催:キリスト教と文化研究所
協賛:学校法人関東学院125周年記念事業大学委員会学術・講演行事専門部会

<会場までのアクセス>
(1)展示会会場(小講堂)
   金沢文庫キャンパス正門より徒歩約15分または
   京浜急行線「金沢八景駅」よりバス
     (バス:鎌24系統「相武隧道」下車徒歩約5分)
(2)講演会会場(教室棟)
    京浜急行線「金沢文庫駅」よりバス
     (バス:文1系統「野村住宅センター」終点下車徒歩約2分または
          文7系統「関東学院文庫キャンパス」終点下車徒歩約2分)



投稿日時: 2008-12-10 18:08:12
12月9日(火)12:10〜13:00に金沢文庫キャンパスにおいて
関東学院大学クリスマス礼拝が開催されました。
会場にはたくさんの学生が出席し大変盛況な礼拝となりました。
当日はシンガーソングライターの松本優香さんをお招きし、
素晴らしい歌声を聴くことができました。

« 1 ... 73 74 75 (76) 77 78 79 ... 85 »
HOT LINKS