受験生の方へ

文学部TOPICS

カテゴリ選択 >>
Back Number
投稿日時: 2014-10-6 8:00:00
 いきなりですが、学生が授業中に書いたコメントを紹介することにします。

 「私は、日中関係についてこれまで真剣に考えたことはなく、年々悪くなってしまっている日中関係の現状を知っていても、『日中関係はこれからどう良くしていけばよいか』と考えたことはなかった。中国は日本に悪いイメージをもっていることは、もう変えることができないのではないかとさえ思っていた。靖国神社や尖閣諸島の問題があり、お互いが警戒しているように思った。しかし、この四日間授業を通して私の考えが変わった。日本と中国が分かり合えるためにすべきことはなんだろうと考えるようになった。そして、その答えは異文化を理解すること。これが、これからの日中関係が変わるための第一歩になると私は思う。」(Hさん)
 「自国と異なった文化を知る事で、その文化に一層興味が湧くと同時に、自国の文化に対しても、客観的にとらえる事ができるようになり、まさに、比較文化とは、自文化の再探求だなと思いました。」(Bさん)

 これは比較文化学科の夏の集中講義「外から見た日本」を聴講した学生の感想です。
















(蘋萓犬伴講生。真ん中は蘋萓検

 7月末の酷暑の中、中国にある北京第二外国語大学日本語学院から招いた薹帽畧萓犬この授業を担当しました。北京第二外国語大学は北京市の名門大学で、関東学院大学の協定校であり、その日本語学院がこれまで多くの日中間の翻訳者、外交官などを育ててきた伝統を持つ大学です。

 薹帽畧萓犬和燭のお土産を持ってきてくれました。プレゼントを以って礼を表すその習慣と気遣いの細かさは、もういきなり、中国文化の洗礼です。長く日本にいる中国人の私は、プレゼント配りを手伝うのに奔走しました(笑)。笑顔が印象的な蘋萓犬脇く中国人女性らしく、はっきりとものを言うパワフルな人です。

 蘋萓犬亮業は7月30日から始まり、一日四コマ(一コマ90分)で四日間続きました。私は直接に聴講しなかったので詳細を存じません。しかし、薹帽畧萓犬麓業の中で、テーマごとに学生にコメントを書かせ、帰国の際にそのコメントを残してくれました。学生のコメントから、授業の様子を垣間見ることができました。日中文化の違い、日中の歴史と現在、外国人の日本語弁論大会、中国の日本語教育と北京第二外国語大学の学生の日本語演劇の様子などが授業で講義・紹介・討論されたのです。受講者の学生たちは先生と濃密な交流ができたようです。以下は学生のコメントを整理して紹介することにします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【1.日本と中国の文化の違いに驚いた】
 ・日本で餃子といえば焼餃子が主流で、白米と一緒に食べることが普通だ。しかし中国で餃子といえば水餃子だということを聞いて驚いた。このような点から、日本は中華料理と和食を合わせる、つまり文化の異なる二つのものを組み合わせることが得意であると分かった。(Mさん)
 ・温泉に裸で入るという習慣に対する中国人の率直な思いに驚きました。…裸の付き合い=自分の全てをさらけ出す事のできる付き合いという意味で使われているのですが、そもそも、風呂の使う理由が日本と異なる中国では、そういった概念がないのだなと思いました。(Bさん)

【2.あらためて日本文化の特徴を知った】
 ・日本に生まれ、日本で生きているからこそ気付かない日本の文化があるということを学んだ。たとえばお辞儀をすること。これは私たち日本人にとって当たり前のことである。「ありがとうございました」という言葉をそえてお辞儀をする。「おはようございます」と挨拶する時もお辞儀する。「すみません」と謝罪する時もお辞儀する。私は、日本のお辞儀について深く考えたこともなかったが、日本人は日常会話でお辞儀することが多い。…(Hさん)
 ・外国人の若者から見た日本の姿はとても新鮮だった。日本人の会話のシーンでよくある「沈黙」が理解できない、という意見が面白かった。…また、日本で「厳しい」の意味を学んだという中国人の方のスピーチを聞いて、日本人は何もかも細かくて、様々なことを気にして生きている民族だと感じた。(Mさん)
 ・ワールドカップの会場での日本人のゴミ拾いに関して思ったのは、日本人は…地面に何かが落ちている事に対して抵抗感がある国民性を持っており、それは教育によるものだなと思った。(Bさん)

【3.日中関係について再認識した】
 ・日本と中国の関係はメディアを通してみると悪いものに感じる。私は何故反日デモが起こるのか、領土問題があるのか、知らなかった。しかし、授業で過去の日本の中国など他国との関わりをみていくうちに、決して日本は良いイメージを持てるような国ではなかったと思った。今現在の日本からは想像できない過去の日本の姿を知って、現在まで続く日本と中国の関係の悪さの一因を少し知ることができたと思う。しかし、関係が悪いといっても悪いのは政治面で、中国の一般庶民の人々は日本の文化に興味を持っているということを知らなかった。例えば、日本の小説や歌は中国で翻訳されて知られている。しかし、日本人の間で注目されている中国の小説や歌は聞いたことがない。私はなぜだろうと思った。それはメディアが発する一般的な中国のイメージが関係しているのかなと思った。それはマイナスのイメージが強いが、今回の授業ではメディアを通さない中国の姿を知ることができた。また、中国人から見た日本のイメージを知ることができ、それにより自分が頭の中で描いていた中国のイメージが変わった。」(Mさん)

【4.中国の大学における日本語教育に驚いた】
 ・この授業で一番印象に残っているのは、中国の日本・日本語教育についてです。日本よりも日本の事を学んでいたり、日本人よりも詳しいような印象を受けました。…日本語科を設置している大学の多さにも驚きました。(Yさん)
 ・北京第二外国語大学の日本語科の生徒さん達が参加する紅白歌合戦や演劇大学などのイベントが行われていた事が講義の中で印象的で、演劇の映像を見た時は、日本人として何か光栄に思える所がありました。中国の大学は全寮制なので、同じ勉強をする人々が一緒に生活する事で、効率よく勉学に励むことができるなと思い羨ましかったです。(Bさん)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受講生がこの授業を通して得た最も大切なものは、冒頭に引用した学生の感想の通りであり、私が付け加える必要はありません。比較文化学科は春、秋学期にそれぞれ外国の大学の講師を招き、この授業を担当していただいています。

 「廬山(ろざん)の真面目(しんめんもく)を識(し)らざるは/只(ただ)身の此(こ)の山中(さんちゅう)に在(あ)るに縁(よ)る」(廬山が様々な姿を見せても、その本当の姿を知ることができないのは/それは、ほかでもなく、私の身が廬山の山の中にあることによるのである)と詠ったのは、約千年前の中国の詩人蘇軾(そしょく)です。常に身を日本という「山中」においている日本人学生にとって、「山」の外の視点を得ることは、日本の「真面目」(本当の姿)を知ろうとする契機となるのです。



投稿日時: 2014-10-3 8:00:00
 The International Medieval Congress 2014  −国際中世学会 2014−

 北イングランドのヨークシャー州にあるリーズ大学は、中世学では国際的に有名で、毎年7月初旬に学会が開催されます。この時期には世界各国から中世学者がリーズ大学を訪れ、一年かけて準備してきた、中世(3−15世紀)に関するあらゆるテーマの研究を発表します。2年前まではリーズ市郊外にあるボーディントンキャンパスで開催されていましたが、参加者が年々増加し、全員を収容しきれなくなったため、昨年から市の中心に近い本キャンパスに会場を移して開催されることになりました。以前の、森も草原もあり、かつてはマナ・ハウス(荘園領主の邸宅)だったという、朝食が格別に美しいホテルを備えたキャンパスは忘れがたいのですが、新しい会場も広々としており、繁華街に歩いて15分くらいの近さですが、緑深く閑静で落ち着いた、心和むたたずまいの会場です。

 今年度は2014年7月7日−11日開催でしたが、準備のために7月4日にリーズに入りました。当日、リーズがトゥール・ド・フランスの出発地というわけで、駅前は大変な賑わいで、いつものとおりは封鎖というわけで、迂回して大学に入りました。




















 写真 ‖膕餞




















 写真◆ヽ慍颪開催される校舎

 正門を入るといたるところに写真´△里茲Δ粉が飾られ、「今年もようこそいらっしゃい」と声をかけてくれているようです。学会とはいえ、どこかお祭りのような心楽しさ、浮き浮きする気分を引き立たせてくれます。ヴォランティアのサポーターがあちこちに立ち、主催者の気持ちよく参加してほしいというホスピタリティが伝わります。

 今回の大会統一テーマは‘Emperor’でした。私たちのセッションは‘Emperor Poet’というテーマで準備をし、ドイツの研究者が神聖ドイツ帝国のハインリヒ六世、アゼルバイジャンの研究者が中世末期のイスラムの皇帝詩人について、そして私は醍醐天皇と古今和歌集についての発表をしました。「中世」それも3−15世紀の何をテーマにしても良いのですから、人文、社会、自然科学の各ジャンルのありとあらゆるテーマがプログラムに入ってきます。

 日本からも例年数人の研究者が参加して発表をしています。文学語学ばかりでなく、日本の鎌倉仏教や平安、室町などの時代を扱った発表も見られます。鋭いけれども決して攻撃的ではない質問やコメントは、学ぶということがどういうことかということを思い出させてくれ、セッションの後で質問してくださった方々との話し合いで自分のテーマをより深く明確にとらえることができ、この学会で発表することは愉しいです。















 写真 宿舎















 写真ぁ―票砲ら学会会場に向う道


 上の写真が参加者に用意された大学内のホテルです。個室にシャワー・トイレ、電話がついて、ゼミダブルのベッドと勉強用の机や戸棚などが備えられ、一般の学生等の寄宿舎よりは立派ですが、学会の発表会場も食堂も24時間開室のコンピューター室などすべて必要な設備が手近にそろっており、なによりも便利です。

 7月のイギリスは10時になってもまだ暮れきれず、澄んだ蒼い空が広がっています。いつしか眠りに入りつつ、どこかで小鳥の囀る声に気がつきます。歌う様に、幸せそうに、愉しそうに、一晩中歌うこの鳥が、これがナイチンゲールだと知ったときの嬉しい驚き。子供のときから詩や童話や物語などでその名だけを知っていたナイチンゲールとはこれか!と感動して毎晩、その囀る歌に聞きほれました。

 宿舎を出ると写真い埜るとおり、気持ちの良い林です。この道を通って食堂棟に行きます。
















 写真ァ_饐貅蠢阿侶物

 この林を出ると、道の両側に写真イ里茲Δ雰物がずっと続いています。どうやらアパートらしいのです。3階建ての建物がユニットになっているテラスハウスです。必ずしも住宅目的というわけではないようで、何らかの施設として使用されている場合もあるようです。

 この通りの突き当りを曲がると食堂棟があります。文学部の一番大きい教室二つ分以上に広い食堂です。料理を挟んで並びますと、実に要領よく、いくつかのメニューの中から好みのものを好きなだけお皿によそってくれます。テーブルは4−8人が一つのテーブルで食事ができるようになっています。パン、デザート、果物、飲み物は料理とは別のテーブルに用意されていて、好きなだけ持っていくことができるようになっています。

 この建物の隣に、University Houseという大学の中心部と、University Unionという学生の厚生施設があります。大学グッズ、スーパーマーケット、美容院、ネイル・アート、眼鏡屋さん、銀行、ATMが数箇所、そしてOld Bar(オールドバー)という名のバーがあります。食事だけでもOKです。深夜まで営業していて、大型テレビがあり、学会会期中は、トゥール・ド・フランスとサッカーの試合を放送していました。















 写真Α/堂のある建物


 下の写真ГGreat Hall(グレートホール)と呼ばれる建物です。多分日本なら5階建てくらいの高さですが、二階以上は吹き抜けになっています。モザイクの美しい廊下、木目の美しい腰板、ステンドグラス、荘重な建物です。学会始の基調講演はここで行なわれます。研究書の活字でしか知らない高名な研究者が約一時間講演をします。内容は重厚で深遠ですが、言葉はわかりやすく、冗談も交え、和やかな雰囲気の中で講演が終わります。ここから学会の諸発表が始まります。30分が3人で1セッション、セッションとセッションの間約30分のコーヒータイムがあり、コーヒーを飲みながらセッションの続きの話などをするのです。




















 写真АGreat Hall(グレートホール)




















 写真─Great Hall(グレートホール)の前庭

 Great Hall(グレートホール)を出ると、目の前に花壇があります。皆が学会などですたすた歩いているときも、誰かが花壇や庭木の手入れをしています。美しいキャンパスを維持するためにはこうした陰の力が大きいなあと思います。

 学会は月曜日から木曜日の夕方までは、各セッションの発表が中心ですが、夕食後には、楽しいプログラムが用意されています。中世の音楽ですとか、叙事詩や抒情詩の朗読、カリグラフ(花文字?)の実習のほか、毎日、半日あるいは一日がかりの遠足があります。近いところではリーズの町のツアー、ヨークの町ツアー、あるいは中世時代の教会、カテドラル、修道院見学等々。多様な中世学者が揃っているので、その中の専門家がガイドになって心踊る楽しい遠足を楽しむことができます。

 学会の会期中、20を越える書店の展示があり、学会割引価格で本を買うことができます。水曜日の午後と木曜日の午前にはその本をどこにでも送ってくれるサービスもあります。たくさん本を買う人には大変便利なサービスです。

 毎年愉しみにしているのは、「中世の饗宴」と称する晩餐会です。中世時代の食事というわけで、パンも料理もワインも現代とは少し違います。みなどれもスパイスが多いかな、ワインはスパイスが入っているだけでなく少し甘いかな、でもおいしいな、というのが一般的な評判です。木曜日の夜には夜中過ぎまでダンスパーティがOld Bar(オールドバー)で開催されます。私は夜起きていられないので、まだ参加したことはないのですが、一度行ってみようかな、なんて思っています。

 学会の前後にも良いプログラムが用意されています。前日には一日がかりの遠足が、半日の遠足、あるいはコンサートなどがあります。学会後には、4泊5日のツアーもあります。これまで参加して心に残っているのは、南ウェールズのお城めぐりと北ウェールズのお城めぐりです。南ウェールズの時には、スォンシー大学の学生寮に泊って、二人の大先生のガイド付きで10くらいのお城を回りました。ウェールズ訛りの英語はなかなか聞き取りにくいのですが、陽気で冗談の大好きな大先生たちの暖かいガイドに心から楽しみました。北ウェールズの時にはバンゴール大学の学生寮に泊りました。

 来年のIMC2015の申し込み締め切りが8月末なので、夏休み中に発表要旨を送って、来年もぜひ参加したいと思っています。いつか、関東学院大学の学生と一緒にセッションを組んで一緒に発表したいなと思っています。




投稿日時: 2014-9-26 8:00:00
 今年の夏も、社会福祉の実習に出ているゼミ生の巡回指導に行ってきました。この実習は、社会福祉士の国家試験を受験するために必要なもので、実習を行った学生のほとんどが、来年の1月の末に行われる試験を受けます。

 実習は社会福祉の施設や相談機関でほぼ4週間行います。私は、毎年、実習が始まってから1週間ほどしてから巡回指導に行くことにしています。その頃には、施設・機関に慣れ、事前に準備していた課題に沿って積極的に実習に取り組み始める学生がいる一方で、意気込んで実習を始めたものの自分は福祉の現場にむいていないのではないかと悩んだり、事前に学んでいたはずなのに実習日誌をどう書いてよいか悩んでしまう学生などが出てくるからです。

 施設・機関を訪問し、実習指導者の方から実習生の状況や課題などをお聞きした後、実習生と直接会って話を聞きます。会ってみると、大学にいるときよりもイキイキしていて、ちょっとした失敗はあるものの実習を楽しんでいるように見える学生、意気込んで実習を始めたもののその意気込みがちょっと空回りしているように見える学生など、いろいろです。

 話を聞き、よくやっていると思える点をコンプリメント(ねぎらうとかほめる、といった肯定的評価を行うこと)し、必要に応じてアドバイスをするうちに、どの学生も面談の最初よりも緊張感が溶け、ほっとした表情やさらなるやる気を示したりします。

 暑い夏の巡回は大変ではあるのですが、実習を頑張っている学生たちの姿を見ることは、教員にとってはとても嬉しい経験です。実習後には、実習での学びを授業での学びに結びつけて考察する、その考察等を実習報告書にまとめ、発表する、といった作業を学生は行います。こうした一連の作業が学生を成長させます。実習に行った学生たちは、実習前と比べ、顔つきも態度も大人のそれに変わります。そうした嬉しい変化を感じることができるのは、教員冥利に尽きます。



投稿日時: 2014-9-25 14:21:00
 去る8月22〜24日、九州大学で開催された日本教育学会第73回大会に参加して来ました。私の専門は教育社会学という分野で、機会や学歴の研究をしていますが、学会ではさまざまな視点を学ぶことができて視野が広がり、とても良い刺激になります。天候不順の最中(さなか)、勉強しろと言わんばかりに雨も上がり、集中して、研鑽を積んで参りました。来年のお茶の水女子大学での開催も楽しみです。

 大学院生だった頃、「論文を書いてない人は、存在してないと同じ。読まれない論文は、書いてないと同じ。」という言葉を教えてもらったことがあります。世の中を騒がせたSTAP論文の研究不正の背景に、論文の影響力を巡る激しい競争があると指摘する新聞記事の中で、やはり、この言葉が取り上げられていました。人と社会のためにある学術研究において基準の高さは共通であり、英語にも同じ趣旨の言葉があるそうです。参加者たちは皆、真剣に発表を聴き、教育を論じていました。




















投稿日時: 2014-9-11 9:00:00
 川端康成は『伊豆の踊子』や『雪国』で有名な日本を代表する小説家です。昭和43年に日本で初のノーベル文学賞を受賞しました。

 この5月に岩波書店から『川端康成 魔界の文学』という本を刊行しました。昨年の春から一年程かかって書き下ろした川端の主要な作品について論じた評論集です。川端文学というと、多くの方は『雪国』という作品の表面的な印象から、日本人の美意識や伝統を現代文学として描いたと思いがちです。しかし、実際にその小説を読んでみると、決して日本の伝統美を描いたものではなく、人間の愛と心の深い世界を鋭く捉え、それを流れるような日本語で斬新に表現しています。今回の私の評論集では、「魔界の文学」というキーワードで川端を論じましたが、この「魔界」という言葉は、作家が生涯をかけて探求したものであり、言葉を超えた言い難い心の世界のことです。川端は、禅宗の一休さんの書に書かれたこの言葉を大切なものとして、特に戦後の『山の音』『千羽鶴』『みづうみ』『眠れる美女』『たんぽぽ』などの小説を書き続けました。
















 川端康成は、昭和47年の4月に逗子のマンションでガス自殺を遂げましたが、その死は生涯を小説という表現に捧げた末の死であったと思われます。

 8月24日(日)深夜24時〜25時にラジオJ-WAVE『Growing Reed』でV6の岡田准一さんと川端康成の文学などについて対談しました。

 川端の小説は、現代の日本語の最高の技術的水準と行間を読ませる深い味わいをもった世界です。『伊豆の踊子』は静かな川の流れに身を浸すように、美しい旋律によって読者を最後まで運びます。『雪国』は書いてあることだけでなく、省筆によって行間から立ちのぼってくるものを読み取れれば、これまでの印象とは全く異なった新たな世界を示してくれるでしょう。私が今回この本を書いて最も驚かされたのは、『みづうみ』という作品でした。実に不思議なシュールでかつリアルな愛の賛歌です。川端という作家のまさに「魔界」がここに体現されていると感心しました。最近、川端の初恋の人へのラブレターが公開されましたが、15歳で祖父を失い、天涯孤独の身となった川端少年は、初恋に破れることによって素晴らしい文学を生み出したのです。新潮文庫などで川端作品は読めますので、若い人たちにも是非チャレンジしてもらいたいと思います。























« 1 ... 9 10 11 (12) 13 14 15 ... 85 »
HOT LINKS