受験生の方へ

文学部TOPICS

カテゴリ選択 >>
Back Number
投稿日時: 2014-9-10 14:30:00
 1950年の成立から60年以上が経過した「生活保護法」ですが、昨年12月に初めて本格的な法改正が実施されました。受給者の就労支援や不正受給対策の強化といった内容が盛り込まれています。法改正の実現までには様々な紆余曲折があり、内容についても賛否両論ありますが、貧困問題の改善傾向が見えない状況のなかで、生活保護をめぐる議論は、今後もますます活発に行われていくことは確実です。

 生活保護制度のあり方を論じるなかで重視される論点のひとつに、「納税者の理解」というトピックがあります。生活保護に関する報道記事や論説文のなかに、「納税者の理解」や「納税者の視点」といった表現はかなり広範にみることができますし、今回の法改正に至る議論においてもかなり強く意識されています。生活保護の財源はすべてが公費(税)であるから、その直接的な負担者である「納税者」の理解を得る努力を強調するのは当然だという考え方も十分に理解できますが、今回のコラムでは、生活保護制度のあり方を「納税者の理解」という観点から評価することの是非について考えてみたいと思います。

 生活保護制度における「納税者の理解」が問われる際に注意しなければならないのは、そこで生活保護の「受給者」は「納税者」ではないという考え方が、暗黙のうちに前提とされていることです。この考え方は、生活保護の受給者を、「納税」という国民の義務を果たさずに制度の恩恵だけを享受する「受益者」とみなす一方で、その対極に見返りのない負担だけを強いられる「納税者」を位置づける発想とつながっています。このように受給者と納税者を対立的な関係のもとで捉えようとする発想は、生活保護を受給している人々に対する有形・無形の圧力へと転化しがちです。それが行き過ぎると、地域住民による受給者の「監視」や、ケースワーカーによる違法な対応といったかたちで、受給者に対する深刻な人権侵害を引き起こすこともあります。

 しかし、生活保護の受給者と納税者を対立関係のもとで捉えてしまうと、現時点において生活保護を受給している人々の多くも、かつては税を納める側にあったという単純な事実を見落とすことになります。そして現在では、生活保護の受給者であっても価格に転嫁されている消費税の負担を免れることができません。逆に、多くの「納税者」も、政府が実施する様々な制度・政策を通して、自分が実際に納めた税金の額面以上の恩恵を享受しているはずです。日本という社会の中で暮らしている以上、誰も「税」の負担から逃れることはできませんが、それは誰もが「支えられる側」でもあるという事実の裏返しです。この単純な事実は、生活保護について考えるときにこそ思い起こしてほしいと思います。



投稿日時: 2014-7-29 13:15:00
 今回のコラムでは、イギリスの障害のある人に対する福祉制度がどのように改革されているのかを中心に書いてみたいと思います。

 2000年代のイギリスにおいて、福祉制度改革のキーワードとなっているのが「パーソナライゼーション」という言葉です。福祉制度に関する予算を徹底的に個別化し、一人一人の希望に合わせた支援を組み立てていくことを意味します。日本においては、福祉サービスは、身体機能や周囲の人とのコミュニケーションにおいて他の人からの手助けを必要とする人に対して、現物のサービスが支給されるという形式が基本です。イギリスでは、この方法を根本的に変化させました。つまり、サービスを支給するのではなく、ニーズに見合う額の現金を支給するという方式の確立です。これは「ダイレクト・ペイメント」と呼ばれます。1990年代の末に成立した制度です。
 
 なぜこのような制度改革が必要とされたのでしょうか。そこには、障害のある人たちがこれまで受けてきた隔離と排除の歴史があります。障害のある人たちの多くは、近代化の歴史の中で働く術を奪われ、地域社会から隔離された大規模な施設の中での集団生活を余儀なくされてきました。

 こうした状況を変えるために、イギリスでは1970年代から障害をもつ当事者たちが社会変革のための運動を展開してきました。この運動の中で求められてきたのは、地域の中で当たり前に暮らすこと、その人らしい暮らしを支えるための介助者(=パーソナル・アシスタント)が必要であること。さらに、どんな人に介助をしてもらうかを自分で決めること、でした。ケアのニーズがあると認められた人に対し,直接的なサービスを支給する代わりに現金を給付するというダイレクト・ペイメント制度の成立は、障害者運動が長く求めてきた目標であったのです。

 当初、このスキームはお金の管理や支援計画の立て方が難しいなど、知的障害のある人にとっては使いにくいものでした。しかし、現在ではより利用しやすく柔軟な制度として個別予算=「パーソナル・バジェット」と呼ばれる制度が開発され、さまざまなニーズのある人に広く使われるようになっています。
 
 この制度の詳細は省きますが、このなかで重要になってくるのが、個人の希望を支援計画として実現していくための方法です。パーソナル・バジェットのシステムは使途の自由度が非常に高いものです。本人の希望を出発点に、家族、友人や近隣の人々とのネットワークをもととして、一から支援計画を作っていくことができます。地域に根差したビジネスの開発なども可能です。一つ一つの支援の方法がまったく異なるため、それぞれの事例を「ストーリー」として支援者、行政の担当者が共有していくことが必要になります。

 従来から行われていた社会資源、サービスの組み合わせを意味する「ケアマネジメント」からの根本的な考え方の変化を意味するこの手法は、「本人中心計画=パーソン・センタード・プランニング」と呼ばれます。

 こうした支援をめぐる文化の根本的な変容ともいうべき動きは、日本の現在の障害のある人への支援を考える上で非常に参考になるものです。私の現在の研究テーマは、日本において同様の予算システムの実現と、パーソン・センタード・プランニングの普及を図るためには何をしたらよいか、というところにあります。


 写真は、障害をめぐる文化変容の一つの事例として、リバプールを拠点として毎年行われているイベントである「DaDa Fest―The Festival of Disability and Deaf Arts」のパンフレットです。さまざまな障害をもっている人たちが、障害をアートの表現方法の一つとして見せていく非常に興味深い試みです。



















投稿日時: 2014-7-25 15:25:00
 わたしは文学部でチャプレン(宗教主事)をしている安井です。関東学院大学のルーツは、明治時代にアメリカの宣教師によって創立された神学校(キリスト教会の牧師を養成する学校)にさかのぼります。ですから今でも、聖書の教えに基づいて教育活動を行なう、という姿勢を大切にしています。


 文学部では毎週火曜日の昼休みの時間に、大学礼拝を行なっています。オルガンの音に耳を傾け、心を静めて自分自身を振り返ることのできる貴重な時間です。毎週さまざまな方が聖書のお話をしてくださいます。時々キリスト者のゴスペルシンガーに来ていただいて、中庭で音楽礼拝をすることもあります。スピーカーの皆さんは、ただ聖書の内容を説明するのではなく、その方自身に対して聖書の言葉がどのような気づきを与え、励ましを与えてくれたかを話してくださいます。































 そのような話を聴くので、学生の皆さんの心の中にもいろいろな感想が生まれます。ですから礼拝に出席した学生の皆さんに感想を書いていただき、翌週の礼拝の出席者にその感想をまとめたプリントを配布するようにしています。学生の皆さんが寄せてくださる言葉の中には、感想だけではなく、質問もあります。そういう質問に対しては、なるべくわたし自身の答えもプリントに載せるようにしています。たとえば最近このようなやり取りをしました。


 【問い】  宗教って人間の「精神安定」のためにあるのではないだろうかと感じました。だから逆説的に考えて「精神の安定している人」、「悩みの無い人」は宗教を信じる必要がないと言えるのではないか、と思いました。 

 【答え】 わたしは人間が悩みを抱えることや不安を覚えることを、必ずしもネガティブなことだとは思っていません。むしろ人一倍悩んで生きることによって、それだけ他人の痛みや苦しみをよりよく理解することができるようになるのではないかと思います。またそういう経験がきっかけとなり、実に深く物事を考えることができるように成長できるのではないかと思います。聖書の教えはそのような心の成熟に大変役立つと思います。それと共に考えてほしいことがあります。何一つ悩みがない、という人なんて本当にいるのでしょうか。どんな人でも自分が直面している問題、課題と正直に真剣に向き合うなら、悩まずにはいられないのではないでしょうか。そう考えるとわたしは、聖書の教えはどのような人にとっても意義深いものだと思います。


 学生の皆さんが成長する機会は、大学生活の中にいろいろあると思います。その一つとして、大学礼拝で聖書の教えに触れる経験が、その心の成長・成熟に役立つ機会となってくれたらと心から願っています。


投稿日時: 2014-7-18 13:00:00
 関東学院大学文学部現代社会学科地域連携・ボランティアセンタースタッフと学生有志は、葉山町社会福祉協議会の介護者支援活動に参加しており、関東学院大学金沢文庫キャンパスの畑で農作業を行っています。

 大学キャンパス内での活動では、沢山の学生が授業の合間や昼休みに参加し、葉山町の住民の方も金沢文庫キャンパスに足を運んでくださいます。

 6月12日にはハロウィン用のおばけかぼちゃ、ホーリーバジル(ハーブ)の苗、ひまわりの種を植えました。日常ではクワやスコップなどを持つ機会の無い学生達は、大きなミミズを見てキャーキャー言いながらも住民の方と交流を持ち、農作業を楽しんでいました。中には故郷を思い出しながら作業をする地方出身の学生もいました。参加された住民の方の楽しみの1つは昼食で、学食をとても楽しみにしていらっしゃる方や「学生さんと一緒に大学でご飯を食べるなんて嬉しい」と喜んでくださる方もいます。

 畑の作業を通じて、住民の皆さんに教えて頂くことが多いです。学生達は、この経験を活かして社会の役に立ちたいと積極的に活動しています。














かぼちゃの苗を植える為、クワで耕しています。












住民の方とホーリーバジルを植えるため、雑草を刈り取っています。












4月末に植えたじゃがいもです。順調に育っています。



投稿日時: 2014-7-18 12:30:00
 関東学院大学文学部現代社会学科地域連携・ボランティアセンタースタッフと学生有志は、葉山町社会福祉協議会の介護者支援活動に参加しており、畑作業を中心に葉山町住民の方と交流をしています。

 葉山町でお借りしている畑の裏山に竹の子が出て来たので、4月24日に竹の子掘りをさせて頂きました。男子学生は籠を背負い、山道をスコップ片手に介護者の方と手を取り合い進んでいきました。教員や学生も初めての体験でしたので、住民の方に掘り方を教えて頂き、大きいものから小さいものまで40本近く収穫できました。

 学生たちの手で収穫した竹の子は皮を剥き、薪をくべ、大きな窯で茹で上げました。その後3本ずつ袋詰めにし、葉山町で介護を受けている方々にお配りしました。学生たちは「竹の子を掘るよりも、掘った後の処理の方が大変だった」と話していましたが、住民の方々は「茹でてもらって助かった」と喜んでくださり、学生たちも「頑張った甲斐があった」と嬉しそうに話してくれました。また、竹の子の美味しい調理法を教えて頂き「早速今晩作ってみよう」と話に花が咲きました。

 こうした体験を通じて地域の方々と繫がりを持たせて頂き、地域の現状や課題について知ることは、学生にとって社会に出る前の福祉活動の啓発となっています。















地域の方に掘り方を教えて頂いています。
















竹の子を掘っている所です。















収穫した竹の子を籠に入れて運びました。



« 1 ... 10 11 12 (13) 14 15 16 ... 85 »
HOT LINKS