受験生の方へ

文学部TOPICS

カテゴリ選択 >>
Back Number
投稿日時: 2015-3-20 8:00:00
 平成24年度の児童虐待相談対応件数は6万6701件、虐待のニュースも毎週のように目にし、虐待=児童相談所に通報、という認識も、既に定着したように思います。

 私が社会福祉に関心を持ったのは、当時やっと認知され始めた児童虐待からでした。それまでは躾か体罰か虐待か、時には叩くことも必要だ、と言った意見も多くありました。現在では虐待はそういうレベルではないことが認識されていると思いますが、一方であまりにも虐待のニュースが多く、痛ましい事件にも感覚が麻痺し、記憶に残らない、という方も多くいるのではないでしょうか。

 私には忘れられない事件があります。2010年に起きた、大阪二児餓死事件です(この事件はルポライターの杉山春さんが克明に記されています。「ルポ 虐待−大阪二児置き去り死事件」筑摩書房)。母親が4歳と1歳の子をマンション一室に閉じ込めて帰宅せず、餓死させた事件は、母親の生活ぶりや生い立ちを含めて連日報道されました。この事件が特別に忘れられないのは、私自身が初めての子を産んだ年だったからです。わが子と亡くなった子を比べ、亡くなった子の魂の行き場や、向き合うことが出来なかった母親の心境を想像し、泣きながら報道を見ました。

 児童虐待に初めて関心を持った学生時代や、ソーシャルワーカーとして歩みだした20代前半は、虐待事件に対して、ただただ、親を許せない気持ちや子どもを守るという正義感があったように思います。しかし、自分が親となってからは、一気に児童虐待が恐ろしくなってしまい、ニュースとして目にするのも苦手になってしまいました。子どもの悲しみや、親の孤独感など、感覚的なものが勝ってしまい、「事例」として捉えることが出来なくなったのだと思います(大阪の事件も、母親が子ども二人を連れて、頼れる人からどんどん遠ざかっていく様子が書かれており、その心境を思うと呆然とします)。
 
 かつて、ソーシャルワーカーの大先輩に、子どもを持ったら児童虐待が苦手になって、子どもが小学生になったらいじめや不登校相談が苦手になって、中年になったらDVが苦手になって、そのうち介護問題が苦手になって・・・と、経験年数が増えても、経験が近すぎて相談が苦手になる分野がある、と教えられました。

 人生の経験は、相談者全てに対応できるほど広げることはできません。経験しているからこそ分かることと、経験していないから分からないこと、経験しているから苦手になること、など、経験の捉え方にも色々あります。しかし、自分が経験できないことにも、感受性と想像力を働かせることはできます。社会福祉士の実習に行った学生の報告で、実習先の子どもたちのことを想って、言葉に詰まる場面がありました。その子のことを想って、言いよどむ気持ち、言葉に出来ない辛い気持ちがあったのでしょう。

 ソーシャルワーク教育では、言語化を重要視します。しかし、時には、言葉に表すことが出来ないような感情や、言いよどむほど真摯に向き合い、苦手だと思うような経験との照らし合わせも、そのまま抱えていくこと、現実に向き合うしかないことも伝えていきたいと思っています。



投稿日時: 2015-3-18 18:50:00
 2015年2月22日(日)〜2月27日(金)まで、文学部で毎年恒例となっているハワイでの国際交流に行ってきました。これは、ハワイ州立大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジにて本学学生が紹介したい日本文化を発表し、現地の学生とのディスカッションを通して異文化交流を図るプログラムです。カピオラニ・コミュニティ・カレッジを訪問するのは一日ですが、それ以外の日はハワイの観光地に行くなど、当地のゆったりとした時間を満喫しました。
















 ハワイに着いた翌日は、クアロア牧場というところに行ってきました。そこでは様々なアクティビティが用意されているのですが、私たちは昨年の国際交流参加者同様、オーシャンクルーズ、乗馬、ジャングルクルーズをしました。
















 ハワイの海はとても綺麗で、ウミガメが泳いでいるのを見ることもできました。乗馬は私自身初めてで――参加した学生全員もそうだと思いますが――近くで見ると馬が大きいのでとても緊張しました。約1時間恐る恐るの乗馬でしたが、高台から見る海の景色は見事なもので、なかなか日本では体験できない観光ツアーでした。
















 カピオラニ・コミュニティ・カレッジは2月24日(火)に訪問しました。ワイキキの街から車で10分程度の距離で、近くにダイヤモンドヘッドがある立地のいい場所にキャンパスはあります。少し高台に位置しているのでハワイの海を一望することができます。8時30分少し前に、国際センターの教員で今回のプログラムのコーディネーターでもある佐藤先生とお会いしました。佐藤先生よりカピオラニ・コミュニティ・カレッジの歴史的な紹介が為された後、学生はジェームズ先生の授業を受けました。先生の指示に従い、キャンパスを歩いている現地の学生にインタビューを行うなどして、学生たちは早くも大学の雰囲気に溶け込んでいるようにみえました。ジェームズ先生の授業後は、イワモト先生の日本語初級の授業に参加しましたが、時には学生も日本語を教えるなどして日本語教師の役目を果たしていました。































 午後は再びジェームズ先生の指導のもとプレゼンの最終確認を行い、日本語中級の授業に臨みました。担当教員は笑顔がとても印象的なコブケ先生で、そこで本学の4名の学生は各々紹介したい日本文化について発表し、その後受講生と日本語・英語を交えながらディスカッションを行い、日本とハワイ・アメリカの文化に関する意見交換を試みました。具体的には、「おもてなしの精神」、「和食に見る日本人の心」、「日本文化としての新聞」、「日本のダンスよさこい」などの事柄について、各学生はそれまで準備してきたプレゼンをしっかり行い、最後は一人ひとり修了証書が渡されました。各自工夫をこらしていましたが、中にはコスチュームを着て現地の学生の前でダンスを披露した学生もいました。
































 ハワイ滞在最後の日は、それぞれがハワイの時間を享受しました。グローバル化が叫ばれる中、異文化を体験しつつ自国の文化についての知識を深めるのが本プログラムの特徴でもあります。帰りは9時間以上の飛行機の旅でしたが、参加者全員ハワイでの研修を楽しんだようでした。





















投稿日時: 2015-3-18 8:00:00
――スコットのアボッツフォード・ハウス訪問の記

 詩人ワーズワスと妹ドロシーの1803年のスコットランド旅行では、終わりの方でスコットとの初めての出会いがあります。サー・ウォルター・スコット(1771-1832)は生涯の前半でスコットランドにまつわる物語詩を発表し名をあげ、後にはスコットランド史を題材とする小説群、ウェイヴァリー・ノヴェルズで国民的作家となった人物です。彼はロバート・バーンズとR. L. スティーヴンスンとともにスコットランドの三大作家のひとりで、ハイランドの題材が多いのですが、エディンバラ周辺とその南のローランド地方にかかわることが多かったようです。

 今回の私の旅では、ドロシーの記録にもある、ワーズワス兄妹とスコットの初めての出会いの場を先ず探しました。エディンバラ郊外、ラスウェイドのスコット・コテージ、今はバロニー・ハウスと呼ばれる、スコットが数年住んだエステートは知る人も少なく、現在は個人の住居のようです。かなり苦労して見つけましたが、今回も敷地内に入ることは遠慮して外からそっと数枚写真を撮って退散しました。私はワーズワス兄妹とスコットがともに旅したボーダー地方の修道院廃墟の一つ、メルローズ・アビも訪れました。ウェールズのティンタン・アビ始め英国内には、宗教改革を経て廃墟となった修道院が多くあり、ターナーなどが画題にしてもいますが、廃墟のまま保存するのは大変なようです。

 ガラシールズ、メルローズの近くには、スコットが成功してから住んだ邸宅、アボッツフォード・ハウスがあります。現在では敷地全体が博物館のようになっていて、スコットに関心のある人には良く知られていますが、ここで私は他では得られない、不思議な雰囲気を、それも二度味わいました。この日の朝レンタカー事務所が混んでいて待たされ、またバロニー・ハウスを探すにも手こずったため、アボッツフォードに着いたのは昼時でした。入場券をConcessionという恩恵割引で買った後、カフェテリアで食事をすることにしました。英国の田舎に行くとよく経験しますが、時代を200年遡ったかと錯覚するのは景観だけではなく、全く白人だけの環境です。ロンドンやエディンバラの多民族の英国は、田舎の地方では別世界です。しかしこの場所はどことなく他とは違いました。居合わせた客ほぼ全てが白人というだけではありません。カフェテリアにありがちな喧騒がかなり抑制気味で、話をする人々もひそひそ声で、食器の当たる音も注意深く抑えられているような気がしました。昔の上流階級の社交界がこんなものだったかとも感じましたが、場所が場所だけに、教養人が多かったのかもしれません。

 不思議な雰囲気に包まれて、貴族の邸宅、あるいは控えめな城のようなアボッツフォードの主要部を見て回りました。内部はこの後何か所も訪れた貴族の館の小型版のようなものでしたが、さすがに文人の邸宅、蔵書・書斎が立派でした。一通り見て回った後隣接のチャペルに向かい、途中で関係者らしき人から声をかけられたので、旅程など話しました。彼の娘が東日本大震災の後、ボランティアで宮城県に行ったとのこと。彼は私に見せたい所があるとチャペルへ案内してくれました。中に入ると数人の人が祈っています。そのうち一人二人が私の方を見ましたが、彼らの顔を見て私の心は動きました。なんと素朴で敬虔そうな表情だろう。私は思わず彼らと同じように、祭壇に向かって祈りました。信者ではありませんので祭壇への敬意だけです。数十秒の間くだんの彼は待っていてくれましたが、徐にすぐ傍を指さして、このラテン語の意味が解るかと聞いてきました。ラテン語は40年前の大学院生の時に必修科目で悪戦苦闘した覚えがあります。しかし暗い堂内のこと、文字がよく読み取れず簡単にわからないと答えてしまいました。問答に対応するより、居合わせた礼拝する人々の、独特に敬虔な様子に心を打たれたのです。ここではまだ信仰が着実に生きていると感じました。ラテン語の知ったかぶりなど、どうでもよくなってしまいました。あの祈る人々の表情は、英国を数度旅して初めて見るものでした。



















Barony House (Old Scott Cottage), 3 Wadingburn Road, Lasswade, Midlothian, EH18 1HR Scotland.



















Merlose Abbey, Abbey Street, Melrose, TD6 9LG



















Abbotsford House, Abbotsford, Melrose, Roxburghshire TD6 9BQ



















Abbotsford House: Interior: スコット自身の胸像が置いてある。
以上4枚の写真2014年8月20日安藤撮影

アボツフォードのURL: http://www.scottsabbotsford.com/visit/opening-hours/



投稿日時: 2015-3-13 8:00:00
 ご承知かもしれないが、比較文化学科では、二年生からゼミに所属することになっています。所属する先生の研究室で行われるゼミは、日本はじめ、中国や韓国などのアジアの各国から、英米、フランス・ドイツなどのヨーロッパの国々の文化、歴史について学ぶゼミとさまざまです。

 わたしの研究室で行われているのは、日本の近代文学に関するそれ。三年生になると、自分のテーマを決めて、それについて研究し、卒業論文なり、ゼミナール論文を書くことになっています。卒論は、ワープロで八万字(A四の用紙で大体28枚くらいー)、ゼミ論はその半分くらい。こういうと、卒論の半分くらいの分量を書けばいいというわけで、ゼミ論のほうがオトク感があると思う諸君もいるだろうが、それは浅墓(アサハカ)。枚数に応じて単位も倍は貰えるし、取り組むことによって得られるものも大きい。

 比較文化というと、一見、就職してからの仕事のことを考えるとあまり役に立たないのではと思う人もいるかもしれないが、これも、即断はしないで頂きたい。ゼミでは自分の研究テーマについて、先行文献や関連する資料を調べ、その内容について、発表資料を作成して口頭発表(プレゼン)して、先生のアドバイスを受けながらゼミ生仲間で討議し、それを踏まえてレポートにするという作業を繰り返して論文として仕上げるわけですが、この一連の過程を通じて練り上げられる、検索調査能力や口頭発表能力、ディスカッションの能力、論文作成能力などは、どういう職業についても必要とされる能力だからです。ことに、わたしのゼミでは、「読む」力を養うことに重点をおいています。べつに皆さんは作家や文学者になることを望んでいるわけではないでしょうが、文章を読む力、外国語や資料を読む力、社会や時代を読む力、人の心を読む力、それだけでなく、自分自身を読む力は、どういう社会、どういう場面でも、必要とされる能力だからです。もちろんKYの謗り(ソシリ)をうけないためにも。




投稿日時: 2015-3-11 8:00:00
 去る2014年8月後半の15日間、文学部教員の短期在外研究の制度を利用し、スコットランドを一周してきました。独立の可否を決める国民投票を間近に控えていた現地は思いのほか平穏静寂でした。私の旅の主な目的は、詩人ワーズワスが妹ドロシーと当時の親友コールリッジとともに行った1803年の旅の足跡を辿ることでした。ワーズワスにとってスコットランドの旅は短期の友人訪問以来の、ドロシーとコールリッジには全く初めての経験でした。私にとってはロンドン大学の客員研究員だった1990年にエディンバラに数日行って以来で、ローランド、ハイランドの田舎を巡るのは文字通り初めてでした。

 ワーズワスと妹ドロシーは英国湖水地方の生まれ育ちで、祖父母宅が湖水地方北東の外れ、カーライルに近いペンリスの町にあり、ビーコン・ヒルの遥か彼方に広がるスコットランドは、幼少期から憧れの地だったようです。彼らは一頭立ての軽装無蓋馬車を使い、フェリーに乗り、また歩いての旅でした。21世紀の私は空港から最近敷設なったトラムでエディンバラに入り、徒歩で市内を見て回った後、レンタカーを使いました。まずはローランド、そしてハイランドへはロッホ・ローモンド、アーガイルから、フォート・ウィリアム、ネス湖を経てインヴァネスに至り、コーダ城とカロデン・ムアを見てアヴィモア経由で、ワーズワス兄妹が到達した北東端ダンケルドに至り、最後はパースからエディンバラに戻りました。国際センター所員でもあった私は、本学の提携大学があるスターリングも表敬訪問したかったのですが、時間的余裕はありませんでした。

 ワーズワスが1803年にスコットランド旅行をした目的は、新しい詩の霊感を得ることだったようです。結果として10篇近くの詩が出来上がりますが、その中には ‘The Solitary Reaper’ (「一人麦刈る乙女」), ‘Stepping Westward’ (「西の方に歩く」), ‘To a Highland Girl’ (「ハイランドの乙女へ」) ‘Yarrow Unvisited’ (「訪れざりしヤロウ」)といった有名作も含まれています。ワーズワスの一歳半下の妹ドロシーはジャーナル(日誌)を記していたことで有名ですが、この旅に関しても帰宅後に書いた回想記、Recollections of a Tour Made in Scotland, A. D. 1803 があります。兄ウィリアムはじめこの原稿を読んだ多くの人が高く評価しましたが出版の機会を失い、世間にお目見えしたのは兄妹とも亡くなってはるか後の1874年のことでした。

 詩人、文筆家として当時すでに有名だったサミュエル・テイラー・コールリッジ(1772-1834)は、ワーズワスと1798年に有名な『リリカル・バラッズ』を出し、再版、第三版を重ねており、この時期は彼らがドロシーを交えて最も親しくしていた頃です。しかし不思議なことに、コールリッジは旅の途中、ロッホ・ローモンドの近くで兄妹とは別れ、その先一人でインヴァネスに至る旅をします。その様子は、コールリッジ自身の著述としても有名な「ノートブック」や、妻宛ての手紙などに描かれています。

 このような三者三様の著作から当時の旅の興味深い様子を探ることができます。さらに景色に恵まれ歴史も豊かで、古いものがよく保存されているスコットランドの現地を踏査することは一層興味深い体験でした。




























ワーズワス兄妹、コールリッジが1803年のスコットランド旅行で用いた類のIrish Jaunting Car: 図版出典:Wikimedia Commons;Created/Published: [c. 1890 〜 1900]. This file is in the public domain.




















私、安藤が2014年のスコットランド踏査で用いたレンタカー(英国ではハイヤー・カーという):トゥロサックス、アクレイ湖畔にて、8月21日撮影.





















エディンバラ・トラム:エディンバラ空港から市内ヨーク・プレイスまで運行
2014年5月31日乗客に供用開始、写真は空港ターミナル、2014年8月27日撮影.



















エディンバラ城:8月下旬はフェスティヴァルでミリタリー・タトゥーがあり、その観覧席が組まれている。2014年8月19日撮影.



















オールド・タウンをエディンバラ城から東にロイヤル・マイル経由で行き着く先にホーリー・ルード宮殿がある。イギリス王族のスコットランドの本拠地で、背後のアーサーズ・シートという丘の景色も見もの。  2014年8月19日撮影.




« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 85 »
HOT LINKS