受験生の方へ

文学部TOPICS

カテゴリ選択 >>
Back Number
投稿日時: 2014-12-12 8:00:00
 カナダで最大の若者(16〜24歳)用のシェルター(緊急避難施設)であるコベナントハウスによれば、トロント市には年間10,000人のホームレスの若者がいて、毎日2,000人が夜を戸外で過ごしているといいます。
















写真1)街の中心部に位置するコベナントハウスの外観。


 コベナントハウスによれば、ホームレスの若者のうち、70%が実家で何らかの虐待を受けてきたといいます。安全・安心のない家庭にとどまる理由はないですから、若者たちが中学卒業後にまもなくしてホームレス生活に入ることも、よくある話です(ちなみに15歳より前に実家で暮らすことを拒否するなら、トロント市の場合、CASという機関が関与して、公的な保護の開始が検討されます)。家庭・学校における多様な経験不足は、仕事探しにも大きな影を落とします。家と仕事を探すことは、ホームレスの若者支援の大きな柱です。














写真2)若者たちの中には、アートにたぐいまれな才能を示す場合も珍しくない。
こうした作品は、どのユース・シェルターでも見られる。


 日本でも若いホームレスが増えているといいます。働き続けていけなくなるような劣悪な雇用環境を見直すことも大事ですが、本当に困ったときに家族や地域に居場所がないという問題についても、あわせて考えていかなければなりません。

 ホームレスの若者たちが子ども時代に頼れる人がいなくて本当に困っていたとき、いったい私たちの社会は何をしてきたのでしょうか。「子育ては家庭で責任を持つべき」という原則を否定するわけではありません。ただ、社会が連帯し、子どもの育ち・育てを日頃からサポートすることのできる社会を軽んじることになれば、若年層ホームレスという現象は、もっともっと広がっていくでしょう。

 「社会福祉」というと「困っている人を助けること」に関心が向きがちですが、実態を示すデータを集めて、社会や行政に働きかけることも大きな課題です。社会学部はそのための学びの機会も提供します。
















写真3)「家のないユース」という名前のシェルターの報告書の一部。
「圧倒されるような世界を乗り越える」というタイトルで、公共交通機関を利用することすら困難な生活を乗り越えていこうとするユースの姿が、実際の事例とともに紹介されている。




投稿日時: 2014-12-5 13:30:00
 イギリス近現代史を研究する際に主に私が利用している文書館を中心に、「わたしの作業場」と題して皆さんに紹介してきたこのシリーズも今回が最終回となります。

 これまでは、外交文書を中心に保管する国立文書館と、王室に残る書簡や日記類を保管する王室文書館についてお話ししてきましたが、三回目はある美術館を紹介しましょう。

 美術史専攻でない私の研究にとって「美術館」が史料収集の作業場になるのでしょうか?

 ロンドンの中央部トラファルガー広場は、ネルソン提督の円柱像を中心にライオンの銅像でも有名ですが、その広場に面したところに国立美術館(National Gallery)があります。ルネサンスの巨匠から印象派の作品まで数々の名画を展示していますが、その左隣にひっそりとたたずんでいる小さめの美術館、それが今回紹介する「国立肖像画美術館(National Portrait Gallery)」なのです。
















 その名の通り肖像画しか飾ってありません。しかも描かれているのはイギリス人だけ。ただし古代イングランドの国王たちからザ・ビートルズやベッカムに至るまで、これまでのイギリスの歴史のなかで活躍してきた人物およそ2万人の肖像画を保有しています。

 イギリス人の「伝記好き」はよく知られています。皆さんもロンドンの大きな書店などに行かれたら、必ずワンフロアすべてが伝記だけのコーナーというのに出くわすでしょう。 

 世界最大の人名辞典『オックスフォード国民大人名辞典』(全60巻、2004年刊)にも、この美術館所蔵の肖像画や写真がふんだんに使われており、2400年にわたるイギリス史で活躍した5万人もの人物たちの物語が収録されています(なお、こちらの人名辞典は、関東学院大学図書館の金沢文庫分館にありますので、是非ご覧ください!)。
















 イギリスの歴史を探究している私にとりまして、この美術館は研究対象たちと語り合うまぎれもない「作業場」なのです。

 皆さんもロンドンに行かれたら是非訪れてみてください。美術館のサイトは以下の通りです。http://www.npg.org.uk/




投稿日時: 2014-11-28 8:00:00
 秋学期がはじまって間もない10月4日、神奈川区の横浜創英高等学校で出張模擬授業を行なって参りました。高校生のための出張講義・知のフロンティアにおけるテーマ「子どもの格差と教育の不平等」で依頼があり、これを受けたものです。授業は、各大学から1名ずつ教員が出向いて、「経済」や「栄養」など20の分野に分かれて行なわれました。私は 「教育」の担当です。「将来、教育の仕事に携わりたいと思っている」という2年生37名(男女半々くらい)が出席してくれました。設備の整った特別教室を用意していただき、ご配慮に感謝です。

 授業は、本年8月29日に閣議決定された「子供の貧困対策に関する大綱」を解説することから始めました。この大綱は、「子供の将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、また、貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図る」というものです。そして、教育格差の実態と要因に関するデータ、教育基本法第4条第1項「教育の機会均等」の考え方、国と東京都による教育格差対策について説明しました。普段目にすることのない教育政策や官庁統計の話でしたが、ほとんどの生徒さんは最後まで集中して聴いていました。

 先日、進路指導部の先生から丁寧なお礼のお手紙を頂きました。その中に、生徒さんたちが書いた模擬授業への感想文が同封されていましたので、了解を得てそのうちの一つを紹介してみたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 私は模擬授業を受けて、自分が当たり前のように高校に通って、教育を受けられることが幸せなことだと改めて感じました。一番驚いたことは、日本の(子どもの)貧困率は16.3%であり、世界では(主要先進国の中で)3番目に高い割合だということです。これは所得が高いほど大学進学率が高くなり、所得が低いほど大学進学率が低くなってしまうという「教育の格差」が生じてしまう一番の原因だと思いました。また、ひとり親家庭で育った子どもの大学進学率が全体よりも低くなってしまうという問題を解決するために、ひとり親家庭の人達を配慮する取り組みが必要だと感じました。
 また、日本の教育費は高すぎると感じました。奨学金を受給する大学生は2人に1人と聞いて、教育費をもう少し安くして欲しいと思いました。
 私が普段、教育が受けられるのも、親が教育費を払ってくれているからだと思い、これからは、今までよりも、一回一回の授業を大切にして、親に感謝して、勉強に取り組みたいです。
 「教育の格差」に対する具体的な対策として、東京都が行なっている「受験生チャレンジ支援貸付事業」を開始したり、文部科学省が高校生対象の給付型奨学金を開始するなどの対策があることを知り、もっと多くの県がたくさんの対策をしていけばいいなと思いました。
 これから、教育の制度や法律などについてもっと詳しく知れたら良いです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今回の出張講義は、社会的関心の高いテーマであり、「知のフロンティア」にぴったりの内容でした。授業の雰囲気も良く、充実感もあったのですが、その上、高校生たちの学びに向き合う気持ちを知ることができて、嬉しくなりました。また、教育格差問題の重要性が理解されていることは、素晴らしいと思います。言うまでもなく、自分の利益が減るから格差是正に反対という主張は、あまりに身勝手です(芥川龍之介の児童文学作品「蜘蛛の糸」が思い出されるかもしれません)。まことに、「若者は時代の子」なのであって、成熟した豊かな社会の方向性を感覚的に知っているのだと思いました。このような高校生たちが大学に入ってしっかり勉強してくれたら、ニッポンの未来はきっと明るいです。






投稿日時: 2014-11-21 8:00:00
 関東学院大学図書館ではいま(10月下旬〜)、教員による「私の一冊」を手書きPOPと併せて展示しています。講義や研究と直接関わらない本も多数選ばれていますので、教員がこれまでどんな本を読んできたのか、普段どんな本を読んでいるのか、という関心からで構いませんから、ぜひ立ち寄って眺めてみてください。手書きPOPの惹句(じゃっく)や堂々とした文字など、先生方皆さんなかなか様になっています。私も今回参加したのですが、図書委員をしていた高校生の頃を思い出して懐かしくなりました。関東学院大学図書館報Library Talk第41号も「私の一冊」特集を組んでおり、推薦文が掲載されていますので、ぜひ皆さん手に取って読んでみてください(第39号掲載の「私の一冊」はこちら)。
                       ↓↓↓
http://library.kanto-gakuin.ac.jp/webopac/revsra.do





















 私が選んだのは、松浦理英子の『犬身』(2010年、朝日文庫)という作品です。私は毎年「言語文化」をめぐる授業で受講生の皆さんにどんな本を読んでいるか尋ね、流行りの作家や作品を教えてもらっているのですが、松浦理英子は私が皆さんと同じ大学生の頃にどっぷりはまった作家です。といっても、寡作なので、その頃、エッセイ集を入れても6作しかなく、そのすべてを何度も、嘗めるように読んでいました。硬質な文体を通して表れるきわめて理性的で強靱な、けっして易きに流れることのない抵抗の思考に痺れていました。『優しい去勢のために』という挑発的なエッセイ集はいまでも座右の書です。抵抗の思考と言いましたが、その抵抗はセクシュアリティや権力の問題に関わるものです。けれども、普通の意味でのフェミニズムをはるか後方に置き去りにするようなラディカルなものでした。一言で言えば、性器による結合とは別のところに性的なもの、あるいは根源的な触れ合いを求める思考なのです。
















 7年ぶりの新作長篇となった『犬身』でも、理知的な文体や思考はもちろん、この抵抗の姿勢も変わりませんでした。ある意味では、さらにラディカルになったとも言えます。というのも今度は、「別の触れ合い」の方途が、同性愛等ではなくて、人間という種を超えて犬、それも、気になっている人の飼い犬になるという「変身」に求められたからです。主人公は、自分はほんとうは犬なのではないかという思いを抱えて生きてきた女性ですが、彼女は、願いが叶うことがわかると、あっさり犬になることを選びます。そして、飼い犬としてでしかありえない関係性を飼い主と結ぶのです。「犬身」しても、カフカの『変身』のような悲惨なことにはなりませんので、安心して読んでください。

 近年、哲学の領域では「動物」というテーマに注目が集まっています。けれども、これはジャック・デリダという哲学者が明らかにしていることですが、哲学における「動物」への眼差しは、結局のところ、「人間」の「人間性」を確固たるものとして囲い込むためのものでしかなく、「人間」と「動物」の境界を揺るがすものは排除されてきました。「人間」として安泰でありたいという欲望の反映です。対して、文学には、そのような境界にこだわる代わりに、むしろ自ら動物に、たとえば犬になってしまおうとする自由さがあります。

 皆さんが、いま生きている世界の構造に違和感を感じることがあるとすれば、その構造を保証するような思想によって偽の安心を得るのではなく、その違和感をとことん突き詰めてほしいと思います。そのために、小説を読んでください。

 文学作品における犬、という主題については、現在、文芸誌『すばる』に四方田犬彦氏による卓抜な評論「犬たちの肖像」が連載されていますので、関心を持った方はこちらもぜひ読んでみてください。この雑誌も関東学院大学図書館にあります。



投稿日時: 2014-11-7 9:00:00
 現代社会学科地域連携・ボランティアセンターは、10月11日(土)、関東学院大学金沢文庫キャンパスと同じ地域にある金沢区関ヶ谷自治会老人クラブの皆さんが行っている地域清掃に参加しました。関ヶ谷自治会老人クラブの皆さんは、年に2回、定期的に清掃活動をされています。
















掃除の様子


 当日の参加者は、老人クラブの約30名の皆さんと学生ボランティアサポーターと野球部員です。

 はじめは関ヶ谷自治会老人クラブの皆さんと学生ボランティアサポーターが、野村住宅バス停周辺のバス通り沿いの歩道を1時間かけて掃除をしました。台風18号が通過した後のため、歩道には街路樹の葉がたくさん落ちていました。ゴミ袋に入れても入れても落ち葉が減りません。
















掃除がんばっています


 なんとこの地域清掃活動の様子を見た、関東学院大学硬式野球部監督声掛けで野球部員も掃除に加わり、試合前にもかかわらず励んでいました。
















野球部員も掃除に加わりました


 現代社会学科地域連携・ボランティアセンターでは、このような地域活動を通して、住民の方とのつながりをひろげ、地域に貢献できればと思っています。
















関ヶ谷自治会老人クラブの皆さんと、学生ボランティアサポーターの記念撮影



« 1 ... 7 8 9 (10) 11 12 13 ... 85 »
HOT LINKS