西原克政先生の著書『アメリカのライト・ヴァース』が読売新聞で紹介されました

投稿日時 2010-4-22 11:58:00 | トピック: 最新情報

英語英米文学科・西原克政教授の著書『アメリカのライト・ヴァース』が4月18日の読売新聞の書評で紹介されました。


※表紙のダックスフントは、西原教授の愛犬ヒメの肖像画とのことです。


『アメリカのライト・ヴァ−ス』 西原克政 著/出版社:港の人 (2010/02 出版)
246p / B6変判  ISBN: 9784896292190  価格: ¥2,730 (税込)

アメリカ現代詩の入門書。
アメリカ文学に深く精通している著者が機知とユーモアを織り込ませた、格好のアメリカ現代詩入門書。ポール・サイモン、エミリ・ディキンソンなどアメリカを代表する詩人とその豊かな世界をかろやかに論じる。

■目次
アメリカのライト・ヴァース──揮発性の美学
失われたファウナをもとめて──蛙の詩についての考察
イマジストたちの不思議な熱狂
ウォーレス・スティーヴンズの「アイスクリームの皇帝」──センスとノンセンスの境界への航海
ピアニストを撃つな──カミングズのためのハミングズ
ポール・サイモンの世界の断片──パロディという方法
フロストの「雪の降りつもる夕暮」再考
風景との対話──ウィリアム・スタッフォードとロバート・ブライ
詩と円環──エマソンの末裔たち
ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ──「あかいておしぐるま」を見る6つの方法
「死を思考する詩」あるいは「詩を志向する死」──エミリ・ディキンソンの‘‘Because I Could Not Stop for Death”を読む
ネイオミ・シハブ・ナイと「バケツの中の風」

書店でご購入いただけます。ご興味の方はぜひご一読下さい。




関東学院大学 文学部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp/article.php?storyid=144