文学部教員コラム vol.119 今年も2月にハワイで国際交流を行いました! …… 英語英米文学科 J.マキーム 先生

投稿日時 2012-6-29 8:00:00 | トピック: 最新情報

 毎年、我々文学部では数人の優秀な学生に「国際交流」というプログラムを提供しています。選抜に合格した6人の学生は無料でハワイに行けます。飛行機代もホテル代も大学の負担です。

 カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(KCC)を訪ねます。そこでは、学生が日本文化のさまざまな側面に関することをKCC学生のために英語でプレゼンテーションを行います。もちろん、観光やショッピングの時間もあります。KCCの学生と一緒に遊ぶ場合もあります。

 近年では、私はハワイに学生と一緒に行く引率の教員でした。毎年、この四日間は、私は世界で最も幸運と幸せな英語の先生だと感じています。





2012年2月では、6人すべてのメンバーが女の子でした!
ここは有名なワイキキビーチです。












KCCで我々は教師として日本語クラスに参加しました。











パワーポイントは英語で!
キミカのテーマはプリクラでした。
(彼女は私のゼミ生。Yay!)










マナミは着物を説明しました。
国際交流で選抜される学生は、優れた英語のスキルを必要としませんが、良い成績を持っていて、責任感のある人でなければなりません。










カオリと新しい友達。













アイとマナミはショッピングを楽しみました。












海岸でのカオリ&カナ。











我々はKCCの学生とダイヤモンド•ヘッドの上に登りました。(右側は私です。)










誰もがすばらしいプレゼンテーションを行いました。
迷子になった人はいませんでした。
彼女らは私の姪であるかのように私はこの女の子たちが大好きです。









多分誰も帰って来たくはなかったでしょう…





関東学院大学 文学部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp/article.php?storyid=284