☆☆シンポジウム「eラーニング教育の現状と問題点」を開催しました!☆☆

投稿日時 2012-7-9 18:08:05 | トピック: 最新情報

 平成24年7月6日(金)、午後2:30〜5:00(於:金沢文庫キャンパスK-231教室)にて、関東学院大学文学部英語英米文学科主催によるシンポジウム「eラーニング教育の現状と可能性」を開催しました。この事業は、関東学院大学教育助成プログラムの支援によるもので、近年とみに盛んになりつつあるeラーニングによる外国語教育の諸問題を扱ったシンポジウムでした。このプログラムは、以下のとおりです。

                           記

        司会兼キー・ノート・スピーチ
              細谷行輝 大阪大学サイバー・メディア・センター教授
                   「eラーニング教育の現状と可能性」
        パネリスト
              杉浦謙介 東北大学大学院国際文化研究科教授
                   「eラーニングシステムを活用した外国語教育」
              伊藤直哉 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院教授
                   「北海道大学のeラーニング外国語教育の特徴」
              神谷健一 大阪工業大学知的財産学部講師
                   「ウェブ・サイトを使った効果的な英語学習法」


 学生、教職員、近隣の方々など100人を超す聴衆に参加していただき、大盛況でした。また、いくつかの大学におけるeラーニング教育の現状と問題点、さらにはウェブサイトの無料英語学習ソフト紹介、また多彩な辞書機能の利用による自習法など、コンピュータによる実演もあり、質疑応答も活発に行われ大好評でした。ご参加いただいたみなさまには、厚く御礼申し上げます。




関東学院大学 文学部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp/article.php?storyid=288