◇◆◇ 英語英米文学科 卒業論文発表会を実施しました! ◇◆◇

投稿日時 2013-2-13 13:52:55 | トピック: 最新情報

 英語英米文学科では去る2013年2月2日、午後1時半より、昨年に続き第二回となる、2012年度の「卒業論文発表会」を金沢文庫キャンパスのK−123教室において実施いたしました。今年は残念ながら卒業論文提出者自体が多くなく、発表会に至った学生も7名と、実数ではややさびしい結果に終わりました。しかし、昨年に引き続き駆けつけてくれた卒業生の意見では、人数は少なかったけれども発表内容は去年より質が高かったとのことです。具体的内容としては、イギリス文学関係が5人、アメリカ文学が1名、英語学系が1名で、従来に比べ英語学や英語教育、英米文化関係の研究がやや少ないようでした。
 2日当日は昨年より広い教室を用いましたが、それでも一時立ち見客が出るほど多くの皆さんに参加いただきました。英語英米文学科の在学生だけではなく、他学科からの学生や社会人学生の方、さらには他大学大学院に進学した卒業生や一般就職をした卒業生の参加もあり、積極的な意見を述べていただき、質疑応答がなされました。
 この催しは英語英米文学科のゼミナール連合会の主催で、ほとんどの係が学生の皆さんにより運営されています。事後のささやかなパーティーでは楽しいひと時を過ごし、懇親を深めることができたと思います。運営を引き受けていただいた学生の皆さんや、指導をしていただいた先生方に改めてお礼を申し上げます。
発表会と並んで「卒業論文概要集」の第二号もすでに発行されていて、今年提出された卒業論文の概要はすべて公表されています。さらにこれらの中から優秀論文は、本学科機関誌の一冊であるOLIVAに掲載されます。来年卒業論文を書こうと考えている学生の皆さんは、発表会に選ばれること、またOLIVAに掲載されることを名誉と考え、積極的に挑戦してください。




関東学院大学 文学部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp/article.php?storyid=329