◇◆◇ 文学部国際交流企画報告 at Kapiolani Community College, Hawaii: 2013年2月 J.マキーム 先生

投稿日時 2013-3-13 9:54:00 | トピック: 最新情報

 関東学院大学文学部では、毎年、数人の優秀な学生が海外の大学へ行き、学生と交流をしながら、文化の知識を深める「国際交流」というプログラムを提供しています。今回は、前回に続き、ハワイへ行くことになり、選抜試験に合格した6人の学生が2月23日から28日の間にプログラムを実施しました。ハワイへ行く飛行機代やホテル代は、無料で大学が負担してくれています。

 私たちは、ハワイにあるカピオラニ・コミュニティ・カレッジ(KCC)を訪ねました。そこでは、学生が日本文化のさまざまな側面に関することをKCC学生のために英語でプレゼンテーションを行います。もちろん、観光やショッピングの時間もあります。KCCの学生と一緒に遊ぶ場合もあります。

 今年の素晴らしい旅行に関する写真エッセーは下記の通りです。
















最初の日に、私たちはバスでオアフ島のツアーに参加しました。ここは、有名なアメリカネムの木(“monkeypod tree”)です。












バスの運転手はジョニーという名前のおもろい男でした。
















買い物タイムもありました。トロリーバスでアラモアナショッピングセンターに行きました。













Day 2: 朝早く、私たち7人はリムジン車で大学に行きます!ゴージャスでしょう?













レイナさんはコスプレ現象についてのプレゼンテーションを行いました - 衣装で!  
                 KCCの学生に強力なインパクトを与えました。














                同様に、みゆきさんは着物を着て、着物について発表。
















プレゼンテーションの後、KCCの学生とよく話すことができました。彼らは一生懸命日本語を勉強しています。
そしてその日の夕方、すべてのメンバーが一緒に食事やカラオケを楽しめました。
















                関東学院大学文学部の学生は、修了式で修了証を得ました。
















次の日はフリータイム!オールメンバーは、ワイキキビーチに行きました。
















一部のメンバーは、ビーチでカクテルと夕食を食べましたし…












…他の人は、海の美しい夕日を見ました。誰もが完全に満足していました。


関東学院大学 文学部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp/article.php?storyid=335