文学部教員コラム vol.152 Poetry at KGU … 英語英米文学科 アラン・ボツフォード 先生

投稿日時 2013-7-12 13:01:00 | トピック: 最新情報

 権威ある賞を受賞した詩人兼編集者のMari L'Esperance氏は2013年4月18日に横浜の関東学院大学を訪れ、2008年に著した詩集『The Darkened Temple』を朗読し、学生達との意見交換に参加した。

 彼女の最新作は詩人Thomas Q. Morinと共同編集したエッセイ集『Coming Close: Forty Essays on Philip Levine』で、これは現代アメリカ詩人、そして新しく桂冠詩人にも抜擢されたPhilip Levineに敬意を表し、様々な寄稿家のエッセイを纏めたものである。













                             

                                              
                   ゲスト詩人 Mari L'Esperance氏、筆者とアメリカ文学演習の学生達




















                   
                   詩人Mari L'Esperance氏と筆者


ポエトリカントーの新しいウェブサイト内にある2007年発行物ではMari L'Esperance氏の詩が掲載されている。
http://poetrykanto.com/issues/2007-issue/mari-lesperance


関東学院大学 文学部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://bungaku.kanto-gakuin.ac.jp/article.php?storyid=355