受験生の方へ

比較文化学科

 自分の生まれ育った国に十分な理解と誇りを持ち、異国の文化、歴史、思想に関心を寄せ、“共生”について考え、“異文化理解”を深めていく、これが比較文化学科の目的です。日本の文化や歴史に根ざしながら、各人の関心に応じて、アジア、欧米の文化にも目を広げ、日本との交流の歴史や、相互の関係を比較する方法を学びます。インターネットや交通機関、経済など、あらゆる面で国際間の交流が盛んに行われている反面、国家間の対立も目立つようになってきています。

 この一因として挙げられるのが、異文化への理解不足です。相手を思いやり理解することで友好的な関係は築けます。しかし相手を知るにはまず、自分を知らなければなりません。自国の歴史や文化、習慣を学び、自国への深い愛情と理解を持ったうえで、異文化に対する理解を深めていく。2国間の文化を比べながら理解を増していくのが「比較文化学」です。
 この学科では、欧米だけでなく、アジアの国々を重視しています。中国語や朝鮮語などの語学教育も重視。中国や韓国からの留学生も多く受け入れ、さまざまな国の人がともに学んでいます。

 日本を知り、世界と対話
 比較文化学科では新しい時代の国際交流を実現する国際人を育てます。
日本の文化や歴史を理解するとともに、アジアや欧米の文化、歴史、生活、思想を学び、比較することで異文化理解を深めることを目的としています。
 外国人とのコミュニケーションに欠かせない外国語能力、情報処理能力を身につけるとともに、 日本はもとより諸外国の幅広い文化領域を総合的に学ぶため、現代社会学科の科目や英語英米文学科の科目も履修できるカリキュラムを編成しています。また「言葉を通して地域文化を結ぶ」をモットーにした語学教育に加えて、現地に足を運んで講義で学んだことを検証する「ワールドスタディ」など、実践的な教育にも特徴があります。
 自国の文化について深い教養をもち、異文化を体験し、検証しながら文化を比較する、新しい時代の国際人を育成します。

ワールドスタディ 
 
ワールドスタディ では、日本はもとより、アジア、欧米の国々に実際に出かけ現地の人々との交流を通して、各自が生きた文化誌を作成します。
 「異文化理解」と「共生」をキーワードに国際感覚を磨き、国際社会で活躍し国際交流に貢献できる人材の育成をめざします。

専門ゼミナールI・II・IIIについて
 専門ゼミナールでは、日本および世界の文化と歴史を見据えて各自の選んだ地域の研究をすすめます。
二年次秋学期に始まる ゼミナール は、専門研究(ゼミナールII、ゼミナールIII)への入り口として位置付けられる、比較文化学科独自の科目です。
 ゼミナール気任蓮∪賁舂琉茲慮鎚霧Φ罎里曚、専門研究のために必要な基礎的な文献の読み方や報告の仕方、レポートの書き方も学習します。

【テーマ】
 ゼミナールII、中心テーマが日本、アジア、欧米・その他の各分野に分かれ、比較文化学科の専任教員が指導に当たります。
 ゼミナール機2003年以降開講)は、比較文化学科独自のカリキュラムであり、二年次の春学期に説明会があり、詳しいハンドブックが配布されるので、そちらも参照してください。
 なお、ゼミナールII・III(2004年以降開講)の内容に関しては、各教員がそのプロフィールのなかで語っていますので、そちら(教員紹介)を参照してください。

学修イメージ図

卒業後の主な進路
ツアーコンダクター 日本語教員 国際機関 NGO 外資系企業 民間企業(国際部門) 博物館学芸員 など

学科に関する主な資格・免許

旅行業務取扱管理者
日本語教員

学芸員
図書館司書

中学校教諭(社会)
高等学校教諭(地理歴史)

所定の課程の履修で資格取得   学科関連資格

TOPICS

大学生活の
ファーストステップ、
「基礎ゼミナール」

「日本語教員」と
「学芸員」の
資格取得が可能

世界各地で
文化交流
「ワールドスタディ」

入学直後の1年次春学期に行われる「基礎ゼミナール」は図書館の利用法やレポートの作成方法、プレゼンテーションの仕方、コンピュータの操作方法などを学びます。
学生約10人に教員1人の少人数制を採用しているので相談しやすく、大学で学ぶために必要な基礎知識が確実に身につきます。

日本国内や海外で日本語を教える「日本語教員」、美術館や歴史資料館などで、資料の収集や保管調査研究などを専門的に行う職員の資格「学芸員」の養成課程を置いています。必要な科目を修得すれば、卒業時にこの資格が認定されます。

「ワールドスタディ」「日本文化探訪」は実際に現地に足を運び、学んだ知識を検証しながら異文化理解を深めることができる、この学科独自のプログラム。実習地域はアジア、欧米、日本があり、自分の関心に合わせて選択できます。現状を肌で感じることは、異文化理解への大きな一歩になります。

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える
HOT LINKS